ワセリンとサンホワイトの違いについて!サンホワイトを選ぶ理由について

「ワセリンなんてどれも一緒」「ワセリンとサンホワイトは何が違うの?」「ワセリン使うとニキビができる」なんて思ったことありませんか?

結論から言うと、サンホワイトは白色ワセリンです。

一言で説明するなら「高品質なワセリン」です。

私もサンホワイトと出会う前は、ワセリンはベタベタして少し石油臭く使いづらいと思ってました。

そんなイメージを変えたワセリンが日興リカのサンホワイトP-1です。

この記事では、ワセリンとの違い、サンホワイトのデメリット、メリットについて詳しく解説していきます。

こんな人にオススメ

・ワセリンとサンホワイトの違いが知りたい

・保湿クリームで肌が痒くなる

・子供と一緒に使える保湿クリームが欲しい

目次

ワセリンとサンホワイトの違いについて

ワセリンの成分は、石油から不純物を取り除き、純度を高くしたものです。

その純度を高める製造プロセスの違いによって商品名や値段が変わっていきます。

サンホワイトは、ワセリンのなかでも
白色ワセリン<プロペト<サンホワイトの順番で純度が高いです。

以下は、ワセリンの純度に影響を与えるいくつかの要因です。

精製度

ワセリンは原油から抽出され、精製されるプロセスを経て製造されます。

精製度が高いほど、不純物や有害物質の含有量が低くなります。

高品質のワセリンは、製造時に特別に処理されて不純物を取り除き、純度が向上します。

添加物の有無

一部の製品には、香料、色素、ビタミン、または他の成分が添加されていることがあります。

これらの添加物が含まれる場合、ワセリンの純度が低くなる可能性があります。

純粋なワセリンを求める場合は、無添加のものを選ぶことが重要です。

サンホワイトのデメリットとメリット

純度が高いサンホワイトのデメリットとメリットについて紹介します。

サンホワイトのデメリット

他のワセリンと比べると値段が高い

サンホワイトのワセリンは純度が高いので、他のワセリンと比較すると値段が高くなっています。

サンホワイトのメリット

肌への安全性

不純物が多いワセリンを使うと紫外線の影響でワセリンが酸化しやすく、肌の痒みやニキビの原因になります。

サンホワイトは、不純物を取り除いているので紫外線の影響を受けにくく、優しく肌を保湿してバリア機能を保ちます。

効果的な保湿

ワセリンは水分を肌に閉じ込める働きがあり、乾燥から肌を保護します。

純度が高いワセリンは、その保湿効果が最大限に発揮され、乾燥肌を防ぐのに効果的です。

乳幼児(0歳)から大人まで使える

サンホワイトは、不純物が少ないから、デリケートな赤ちゃんにも安心して使えます。

子供のおむつ替えのときにお尻に塗ることで、おむつかぶれを防ぎます。

また、授乳時に口周りに塗ることで皮膚トラブルも予防します。

サンホワイトのまとめ

サンホワイトは、乾燥を防ぎ、皮膚にやさしく低刺激性で、0歳の子供にも安心して使えるワセリンです。

お風呂上がりにサンホワイトで保湿するだけで、きっとあなたも子供も一晩でやわらかくスベスベの肌が実感できます。

早速いま、あなたも使ってみて、体感してみませんか?

この記事を書いた人

手術室にいる守護神

目次